JDC
ジャパン・ディベロップメント・センター

NeSTのソフトウェア開発の歴史は1995年に日本企業の開発を受託したことから始まり、市場の移り変わりと共に構築されてきました。現在1400名を抱えるNeSTソフトウェア事業の売上の約70%は日本市場向け。日本企業と400名規模のオフショア実績を持ち、インドオフショアベンダーとしてはトップサイズです。日本企業とともに確立したNeSTの失敗から学んだ成功の秘訣をもっと多くの日本企業に知っていただきたい。また、これまで海外リソース活用に消極的だったり、関心のない企業にインドの高い技術力を身近に感じて欲しい。そんな思いからJDCは日本のお客様だけのNeSTからのスペシャルサポートサービスなのです。

JDCにより強化・追加されるサービス

JDC

▲このページの先頭へ

ジャパン・ディベロップメント・センター(JDC)による5つのメリット

スタッフ全員が長年日本人と技術仕様を煮詰めてきたバイリンガルエキスパート。
アイデアや特化技術の共有までも可能にします。

お客様目線でプロジェクトを管理。進捗表で見えない部分も確認・報告。
オフショア開発にありがちなブラックボックス(進捗の不透明性)が激減します。

プロジェクト担当者が頻繁に御社に伺います。
仕様変更や機能追加の突発的な指示にも対応致します。

もちろん会話や文章も日本語。
インドの優秀なリソースを身近に感じてください。

しかも低コスト。
国内ベンダーよりもコストがかかりません。

▲このページの先頭へ